quinaengのブログ

ねっとわあくえんじにあです。くいなのらくがきちょうです。

Cisco L2スイッチの収容ポートの拡張

L2スイッチのポート拡張の種類

・カスケード接続

メリット

UTPケーブルで接続するだけなので安価で容易

 

 

デメリット

ブロードキャストストームのを考慮する必要がある。

 

・スタック接続

メリット

ブロードキャストストームを考慮する必要がない。

 

デメリット

スタックケーブルが高価

スタック接続の手順(ノウハウ)が必要

スタック接続できる機種が決まっている

 

#スタック接続の手順

 

Configを投入する前にスタック接続を行います。

 

マスタ側の機器

Swtich# switch 1 priority <1-15>

Swtich# relaod slot 1

 

メンバー側の機器よりもPriority

「show ip interface brief」でインターフェース番号が1/0/~になっていること確認

 

メンバー側の機器

Swtich# switch 1 priority <1-15>

Switch# switch 1 renumber 2

Swtich# reload slot 1

 

「show ip interface brief」でインターフェース番号が2/0/~になっていること確認

 

スタックケーブルを接続する。

 

スタックケーブルを接続するとslotがreloadされConfigが同期され、一台の機器として認識される。